「日本世代間交流学会」会則

                                     
第1条 (名 称)
本会は、日本世代間交流学会と称する。
第2条 (目 的)
本会は、わが国における世代間交流教育に関する理論的・実践的研究を行い、その普及を図ることを目的とする。
第3条 (事務局)
本会は、事務局を、持ちまわりとする。
第4条 (活 動)
本会は、その目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)大会の開催
(2)会報及びその他刊行物の発行
(3)会員の研究及び普及活動に対する援助
(4)性別、年齢、国籍、障害などすべての差別を撤廃するための啓蒙事業
第5条 (会 員)
本会の会員は、次の5種とする。
(1)正会員 本会の目的及び趣旨に賛同する者
(2)賛助会員 本会の事業を援助する者
(3)市民会員 国籍、地域、年齢を問わず、本会の目的及び趣旨に賛同する者
(4)学生会員 大学院生など
(5)名誉会員
会員は、会の運営に参加するとともに会費を納入する。ただし、名誉会員はその限りでない。
第6条 入会を希望する者は、正会員2名の紹介により、役員会の承認を経ることとする。賛助会員・名誉会員も同様とする。
第7条 (会 費)
本会の会費は総会において定める。
本会の経費は、会費・寄付金及びその他の収入をもってこれにあてる。
第8条 会員は、所定の会費を年度初めに納めるものとする。会費の学生割引制度の適用を受ける者は、所定の手続きを経た後、その会費を納めるものとする。なお、3年間会費未納の会員は、「退会」扱いとする。
第9条 会員は、会報の頒布を受け、かつこれに寄稿することができる。
第10条 会員は、本会主催の大会等に出席し、研究成果及び意見などを発表することができる。
第11条 (役員会)
役員会は、本会全体の円滑な活動の推進にあたる。
本会に次の役員をおく。なお、選出は、選考委員を位置づけて、総会で承認する。
(1)会長 1名
(2)副会長 4名
(3)顧問 10名前後
(4)理事 10名前後
(5)評議員 若干名
(6)会計 1名
(7)監事 若干名
第12条 (理事会)
(1)理事会は、会長・副会長・理事によって構成される。
(2)学会会則の改廃、学会の運営に関する審議決定を行う。
(3)理事会は構成員2分の1以上の出席をもって成立する。(委任状を認める)
第13条(1)会長は本会を代表する。副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。監事(若干名)は、会計(1名)を監督する。
第14条 本会に名誉会長・名誉顧問をおくことができる。
第15条 (総 会)
(1)総会は,本会の最高議決機関とする。
(2)総会は、推進委員会が議案を示して招集する。
(3)総会は,会員の3分の1以上の出席をもって成立する。(委任状を認める)
(4)臨時総会は、理事会が必要と認めたとき、または会員の4分の1が議案を示して開催を示して開催を求めるとき開催する。
第16条 会員は、総会において会務の報告を受け、又一般事項を決定する。
第17条 (会計監査)
本会の会計年度は、毎年4月に始まり翌年3月に終わる。
会計監査は,本会の会計を監査する。
第18条 本会則の変更は、総会の議決による。
第19条
(1)入会手続き
入会申込書(別紙)に必要事項を記入し、事務局宛にFAXまたはe-mailで送付すること
入会金、年会費の振込みが確認され、審査終了後、事務局より連絡がある。
(2)退会手続
退会を希望する場合は、その旨を事務局宛に連絡すること。なお、退会年度の年会費は、いずれの時期においても支払完了であること。年会費の返却は行わない。

〔付則〕

付則1 本会の会費は、年額6000円とする。学生割引制度による会費は、年額4000円とする。日本世代間交流協会会員については、年会費を2000円とする。市民会員は年会費を1000円とする。この会則は平成22年6月から施行する。
付則2 会員は10名以上の正会員をもって支部を組織することができる。支部の運営は支部会員の協議によるものとする。
付則3 この会則は、平成22年6月6日から施行する。
付則4 この会則は、平成22年10月8日から施行する。
付則5 この会則は、平成24年4月14日から施行する。
付則6 この会則は、平成24年10月6日から施行する。
付則7 この会則は、平成27年10月6日から施行する。
付則8 この会則は、平成28年10月8日から施行する。